トレランハック

【悲報】UTMB 2023から出場資格が変わります

2021年5月7日

2023年のUTMBから出場資格が変更になるそうです。

公式発表を読んで整理してみました。

UTMB 2023から出場資格にUTMBワールドシリーズの完走が必須となりました

UTMB GroupはIRONMAN Groupと提携し、2022年からUTMB ワールドシリーズを開催することになりました。
UTMBの経験とブランド価値をIRONMANの人気と専門知識を合わることでトレイルランニング界にとってワクワクする進化を目指す。(動画含めた意訳)

UTMBワールドシリーズ(直近は8レース)を完走して初めて、UTMBの出場資格が得られます。

UTMB® Mont-Blanc (France, Italy, Switzerland)
Val d'Aran by UTMB® (Spain)
Thailand by UTMB® (Thailand)
Panda Trail by UTMB® (China)
Gaoligong by UTMB® (China)
Tarawera™ Ultramarathon by UTMB® (New Zealand)
Ultra-Trail Australia™ by UTMB® (Australia)
mozart 100® by UTMB® (Austria)

*今後、30レースまで増える予定。

これまでのUTMB出場資格は?

つい最近、UTMBは新プロセスを決めて2020年から新たに船出したばかりなのに、また変えるとは・・・。皆、混乱しますよね。

これまでの出場資格はこんな感じでした。

ランニングストーン
UTMBスタート地点
改革が始まる2020、2021年のUTMBにどうやって出場するかを考える - そしてランニングストーンとは?

以下は2019年10月にまとめたUTMBプロセスについての記事になります。2021年のエントリーについては↑をご覧ください。 今年、2019年のTDS(UTMB)がへっぽこなせいで無残で終わってしまったため、来年・再来年のリベンジが必要です ...

続きを見る

UTMB2021_logo
UTMB 2021のエントリーについて

utmb groupから来年 2021年のUTMB エントリーについてメールが届きました。 もくじ UTMB2021 は3段階でのエントリーUTMB2021は寄付エントリーもありますグループでエントリーも出来る!レースそれぞれで必要なITR ...

続きを見る

  • 当選確率2倍、3度目の正直の救済処置は引き続き
  • UTMB、CCC、OCCの応募資格が緩くなります
    例)UTMB:ここ2年のうち、最大2レースでITRAを合計10pt以上を獲得していること
  • TDSは変わらず
  • 当選優遇は前年までの落選数に比例して増える
  • 異なるレースに申し込んだ場合にも当選優遇は引き継がれる。例)初年度にUTMB応募、翌年にTDS応募で引き継がれる。また、1年以上エントリーしない年があっても、優遇は続く。

ランニングストーン

  • 現状の抽選システムを維持しつつ、出来る限りたくさんの選手が適格に参加できるように2020年1月からもう一つのシステムを導入する
  • UTMBがセレクトしたレースを完走した選手を讃えるために「ランニングストーン(Running Stones)」というポイントが付与される
  • ランニングストーンが一定ポイント貯まると、抽選なくUTMBに参加することが出来る
  • 一定ポイント貯まっていない場合も、ランニングストーンを抽選システムに適用することで、ストーン数に応じて当選確率を上げることが出来る
  • 「By UTMB」のレースでランニングストーンがためやすい(1 ITRA = 3 ランニングストーン)

2023年からUTMB ワールドシリーズは4階層になる

UTMB World Series Finals

全大陸の頂点を競う

・UTMB World Seriesチャンピョンを決める
OCC(50K)、CCC(100K)、UTMB(100M)の3レースで構成される
UTMB World Series Events or Majorsの一つを完走して初めて出場資格が得られる

あれ?TDSやPTLはどこにいった?

UTMB World Series Majors

各大陸の頂点を競う

・アメリカ、ヨーロッパ、アジア・オセアニアの大陸王者を決める
・50K、100K、100M それぞれのカテゴリで決める
・UTMB World Series Finalsの抽選権が得られる
後述のEventsに比べ、少なくとも2倍の当選確率が得られる

UTMB World Series Events

Finalsの抽選権が得られる

・ヨーロッパ、アジア、オセアニア、アメリカ、アフリカで開催される
・レースには50K、100K、100M それぞれのカテゴリが含まれる
ランニングストーンが付与される
1ランニングストーン = UTMB World Series Finalsの 1抽選権 になる
(ストーンが多ければ多いほど当選確率がUPする)

UTMB World Series Qualifiers

World Seriesの入り口

・世界中の数千の大会で構成
・Wolrd Seriesの入り口とい位置づけ
Events出場の優遇条件となる
・EventsによってはQualifiersの実績が必須になることもありえる
https://utmb.world/search-race
・上記サイトにあるレースがQualifiers。ITRAサイトに合っても、こちらのサイトになければ対象レースではない。

要するにQualifiersでポイントを貯める → EventsやMajorsに出場できる → ランニングストーンを貯める → Finalsに出場できる っていう流れになったということですね。

まとめ

2019年まで
UTMBの各レースに必要なITRAポイントを貯める → 抽選 → 当選 or 落選
*過去の落選が抽選に有利に働く

2020年から
UTMBの各レースに必要なITRAポイントを貯める or ランニングストーンを貯める → 抽選 → 当選 or 落選
*過去の落選が抽選に有利に働く
*ランニングストーン数が抽選に有利に働く

2023年から new!
ランニングストーンを貯める → 抽選 → 当選 or 落選
*ランニングストーン数が抽選に有利に働く
*ITRAはUTMB World Series Events出場のための必須条件(Events完走で初めてランニングストーンを獲得できる)

2022
UTMB2022_logo
UTMB 2022のエントリーについて

2022年のUTMB開催が発表されましたね。 UTMB 2022のエントリー期間 基本的に2021年と同じ流れなんですが 2021/12/07 - 19 : 寄付エントリー期間 2022/01/06 - 18:通常エントリー期間 抽選なしの ...

続きを見る

-トレランハック
-

© 2021 へっぽこトレイルランナー成長記録 Powered by AFFINGER5