トレイルランニングレース

第5回 龍馬脱藩トレイルレース(2020/10/25)準備編

今年初のレースは「OSJ安達太良山トレイルレース」(9/6)に決めました。

そして第二弾はこれ、「龍馬脱藩トレイルレース」です!

もう、ネーミング勝ちですよね、「龍馬脱藩」って笑

去年の台風で申し込んでいたレースがことごとく中止になった反省を活かし、参加レースの地域を分散させることでリスク軽減しようと考えてます。あと、出身が四国のうどん県なので実家にも寄れるかなぁと。

龍馬脱藩トレイルレースとは

坂本龍馬が土佐藩を脱藩した時に通ったとされるルート?を走るユニバーサルフィールド主催のトレイルランニングレースです。

今年で5回目を迎えますが、以前は「旧奥四万十ウルトラトレイルレース」という名前だったそうです。今の名前のほうがインパクトあって良いですね!集客するためには大会名大事。

ポータルサイト「脱藩の道.com」によると

龍馬を英雄へと導いた「坂本龍馬脱藩の道」は、土佐の高知から梼原、伊予の大洲・長浜、そして長州の下関へと至る道のりです。最終目的地は、下関の白石正一郎邸です。この脱藩の道は、龍馬が脱藩するとき、高知から下関まで同行した沢村惣之丞(さわむら そうのじょう)の口述を記録した文書に基づく

NHK大河の龍馬伝では澤村惣之丞を要潤が演じてましたね。実際の脱藩ルートはこれ(GoogleMapに飛びます)

実はレース概要で紹介しますが、大会ルートと上記ルートは一致しません笑。

ただし、脱藩ルートには諸説あるようです。香川県の琴平に寄ったという話もありますし。

あくまで雰囲気楽しみましょう!このあたりを通ったんだと。

レース概要

開催日:2020/10/25 AM4:00〜
距離:70.9K
累積標高:+3,200m
トレイル率:70%
制限時間:14時間
ITRA : 3pt
レース難易度(Finisher Criteria):420
(ITRA申請内容による)

レース難易度が意外と高くて420。

スタート地点は愛媛(伊予藩)との県境である高知県高岡郡津野町の天狗荘、ゴールは高知県須崎市になります。

龍馬脱藩スタート地点

facebookの龍馬脱藩トレイルレースページでは

  • 関門はゴール含めて3ヶ所でエイドステーションが関門地点に
  • 第1関門:道の駅布施ヶ坂 35km(風の里公園よりも手前)
  • 第2関門:葉山 喫茶蔵 57km

とあったので残念ながら公式サイトにある地図の関門説明が古いです。最新地図が手に入り次第更新いたします。

龍馬脱藩コース_2020
標高図はこんな感じ。35kmの第一関門まで下り基調ですが、制限時間が5時間30分、きつい?
さらに60km過ぎた後の標高800m近くの一山、脚が残っていないと最後に登るのが辛そうですね・・・

龍馬脱藩2020_標高図

宿泊先

龍馬脱藩トレイルのスタート地点 天狗荘までは須崎市からバスが出ます(申込時にオプション選択できます)。

  • 須崎市で宿泊する
  • 地元香川の実家から当日 車で移動する(約2時間)

で検討中。

これもGO TO トラベルキャンペーンと絡めてお得に行くぜよー

 

【投票】↓が更新の励みになります。 是非よろしくお願いします ^^

-トレイルランニングレース
-

© 2020 へっぽこトレイルランナー成長記録 Powered by AFFINGER5